検索
  • ミント

(シンジツ❷)知る必要のあることは全て知っている

ミント感謝だよ。 僕はあれから気持ちを整理して両親に今後のことを真剣に話してみたんだ。 お金の面でも奨学金などいろいろ調べて提案した。 九州の大学の資料も自分で取り寄せて、両親に見せて話すことができたよ。 ちゃんと前向きに話を聞いてくれたからとても嬉しかったよ。



そうか〜それならよかった・・ レンの行動の源が 心実=愛からスタートできた話し合いだったってことだね。

その調子だ・・


ミントが愛に支えられた行動をとれば、自分が本当は何者なのか 何者になり得るのかという、栄光に包まれた経験ができるって言ってたけど、

そのことがあんまり良くピンとこない・・・


栄光を経験って日常使わないフレーズだしね・・

魂の目的

そうだね・・そこを少し紐解いてみよう

人が、考えたり、話したり、行動したり・・

「魂の望むことは、心に希望を起こさせるありがたい体験」 これが栄光って意味。


もっと簡単に言うと(無意識の時間) 何にもしなくてもいい気分でいられること

日常のコーヒーの一杯だったり

お風呂の時間だったり

鳥の声を聞いたり

温泉行ったり

ドライブしたり

映画を観たり

美味しいもの食べたり


そんな日常がありがたい体験なんだ。

その中で

希望を起こさせるような出来事があったり

それに挑戦しようって気持ちが高揚したり

動き出したり・・そういった時が栄光が近づいてくる前兆・・・


この目的の素晴らしいところは終わりがないってこと。

終わりとは限界であり、魂の目的には境界線はないんだ。


出来る限りの、気分の良い状況を作り出せたなら、

エネルギーが上がってくるんだ。

そういった時にもっともっと想像力が膨らみ

自分の可能性を感じることができる。


人生は、発見ではなく、創造のプロセスなんだよ。

この時間と空間の中で生きる地球上の魂は

自分の目的達成までの時間(距離)を体験する。


そのプロセスを楽しめるようにわざわざ、この地球に来たんだよ。 だから、自分が何者になりたいのかを考えるんだ。 思い出せばいい。思い出せなくても構わない。創り直せばいいんだから。

目的がつかめれば、その距離まで(時間)を楽しむだけだよ。


思い出すって・・?どいうこと? 忘れてるから思い出すの? よく人生は学校だと人は言うね・・

学校は、知らないことを教えてくれるところだね。


すでに知っていて、その知識を体験したいという時に 行くところではないでしょ。 人生とは、概念として知っていることを体験的に知る機会だ。 何も学ぶ必要がない。 すでに知っていることを思い出し、それに基づいて行動すればいい。


ん〜?・・・

だけど、すでに知ってるって感じは、確かに僕の中にある気がする。 確信めいたものはある。 進んでいきたい方向が漠然としてても・・・


でも、それがいったいお金になるのか?うまくいくのか・・ 失敗を恐れているんだ。

その繰り返しで揺れ動く・・それが悩みの根源。 そういった悩んでいる時間も全てが、目的地までのプロセスってことだね。


いかに、その時間旅行を楽しめるか・・

舵取りをするのは自分。

行き先を決めるのは自分自身。 決め手になる思いは、いい気分かどうかだ! 進みたくない方向なら、気分が落ち込む。

少しでも違和感を感じたら、そっちじゃないってことだよね。 ありがとう。ミント

今日も多少の波風あっても

どうってことないって気分になれそうだ! そうさ〜大丈夫! どっちに進んでもいいもんだ!

いい気分は自分で創造するモンだからね。

《これらの内容は「神との対話1」をベーシックブックとして活用しております》

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示